HOME > マガジン > アーカイブ > 2019年3月

マガジン 2019年3月

新たな未来や将来を手に入れる!

「1年前にこんなこと、

思ってなかったから不思議です。」

 

「お先まっくらで

目の前のことに精いっぱいでした。」

 

 

今回、キャリアアップで

新たなお仕事先の東京へ行く前に

最終カウンセリングに来てくださった

20代のキャリア女性です。

 

 

 

業務ががらりと変わったり、

責任が重くのしかかってきたりして

プレッシャーがかかりすぎると

身体もずっと疲れが抜けない感覚になります。

 

 

責任が自分の肩にのしかかっているときほど、

窮地に追い込まれているときほど、

ストレスやプレッシャーが強くかかる。

 

 

一生懸命やっているのに結果がでない。

努力が実らない。

そんなときってありますよね。

 

 

 

必死になって、

これならうまくいくんじゃないかと思い、

答えを必死に探して見つけてやってみる。

 

だけど、またうまくいかない。

 

だけど、労力ばかりが多くのしかかる。

 

 

 

うまくいくことの方向へ進んでいる選択なら

自分の心も軽くなり、

人からの賛同も得られ

思う結果やそれ以上の結果が

向こうからやってきます。

 

 

つらい状況や

しんどいなーと思う状況の時ほど、

その対策は基本に立ち返ること

大切です。

 

 

仕事も

個人の生き方も

おなじです。

 

 

 

自分の軸を取り戻し

潜在的な能力を引き出せば

コミニュケーションも

自分の魅力も開花します。

 

 

 

家族関係も

プライベートも思う形に整いはじめます。

 

 

「新たな未来がや将来が見えてきて

3~5年先のことまで

考えることができるようになり

まわりを見たら

なりたいと思うものが見えてきました!」

 

 

 

なかなか得られないチャンスを手に入れての

このスタートを心から応援しています。

 

 

ストレスはChanceに変えていきましょう!

頑張ってください!!!

 

 

 

 

 

プライオリティブリス

入江静香

 


最優先思考を優先するとスムーズに進みだす

やることが多くなると、集中できなくなると

仕事の質も結果も

思うように上がらなくなります。

 

精神的にも、気持ち的にも追われてきます。

 

 

焦りや不安などの気持ちが優先されると

あれもこれもとやってしまいがちですが、

確実に思った結果は、

得られなくなります。

 

 

 

「今はこれが大事!」

「この結果を手に入れる!」

 

そんな『最優先思考』を自覚して

仕事の進め方の優先順位や

プロセスが明確になると

ストレスなくできる状態から

質の良い仕事と成果が得られます。

 

 

 

仕事の進め方は、

人の言うことを聞きすぎても、

最優先思考はにぶり、

成果がでません。

 

仕事の量を増やして

いろんなことをやりすぎると

最優先思考が薄れて、

思ったような成果がでにくくなるのです。

 

 

 

 

・何を今、一番したいのか。

・今、何が大切なのか。

 

 

シンプルに

自分の素直な直感に従い、

その最優先思考を知ることは、

 

ロジカルな思考を

より最適に使うことができ、

思った以上の成果が得られ、

またその先の結果が変わってきます。

 

 

 

 

思考をカウンセリングしていると

みなさん自分の中で答えは

明確に持っています。

 

だから、

バラついた思考の整理整頓していくと、

 

「あー、そうなんだ。」

「確かこう思っていた」

 

 

なんてことを思い出したり、

気がついたりして

「腑に落ちる」

 

そんな感覚を得ながら、

スパっと道筋が整うのです。

 

 

 

 

”思考の道筋のつけ方”を練習しておくと、

 

仕事で知らないことが多いときも、

新しいことに関わって

慣れていかなきゃいけないときも。

 

幅広い事柄に対応できるようになり、

新しいことを身につけるスピードが

格段に速まります。

 

 

 

自分のペースや

自分の軸を大切にしながら

仕事は進めていきたいですね。

 

 

やるべきことは

入口をひとつ決めるところから

はじめてみましょう!

 

 

ストレスはChanceに変えていきましょう!

頑張ってください!!!

 

 

 

 

 

プライオリティブリス

入江静香


1

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ | 2019年4月 »

オンラインセッション

このページのトップへ